【お知らせ】ハッピープライド! 今月のゆにここエッセイ企画は「カルチャーの中のクィア」です

お知らせ

 「ユニコーンはここにいる」では、クィア・フェミニズムを生活と地続きの思想として捉え、おおむね毎月一つのテーマに沿って生活に根ざしたクィア・フェミニズムエッセイを掲載しています。

 今回はプライド月間である6月を祝し(もう7月に入りますが、ゆにここのプライド月間はまだまだ続く!ということでご容赦ください)、クィア表象を扱ったゲームや映画についての批評をお届けします。

 メディアにあらわれるクィア表象の数は、一昔前に比べればずいぶん増えたとはいえ、今もマジョリティ表象以上にその一つ一つの意味や文脈を注視せざるを得ない状況であると言えるでしょう。当たり前のようにクィアがいる作品、そしてクィアがいて当たり前だという前提のある現実を求めるために、さまざまな作品と受け手との間に批評で摩擦を生んでいくことは極めて重要です。

 今回の記事を読んでくださった読者の皆さんが、おすすめのクィア作品、あるいは議論すべきクィア表象についてさらに話題を広げてくださることを、編集部一同期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました